喪中はがきを印刷する際に抑えておくべきポイント

身内で不幸があった際などは葬儀などの準備や対応で忙しいだけでなく、自分自身の悲しい気持ちとどのように折り合いをつけるかを考える事が大切です。日本では新年を迎える際に年賀はがきを送付する習慣がありますが、喪中の場合であれば送付自体を辞退する事も可能となります。年賀はがきに代わって喪中はがきを出す事になりますが、実際に記載すべき内容も把握しておくようにします。喪中はがき自体は市販されているタイプを利用するだけでなく、自分で製作して印刷するという場合も多いです。

実際に喪中はがきを印刷で製作する場合であれば、印刷する際の文章の内容もマナーを守る事がポイントになります。必ず記載すべきポイントとなるのが年賀はがきを送れない事への挨拶です。次に誰が亡くなったのかというポイントを記載し、送る相手へお世話になった気持ちを伝えることも重要になります。また新しい年を迎えるにあたって、変わらぬお付き合いをお願いするという内容も込める事が大切です。

もちろん文章の流れなどは例文なども多くあるので、それらを参考に作成しても問題はありません。ただし送る相手がより自分にとって大切な人や親しい人のほか、常日頃からお世話になっている人であればより丁寧に対応する事が重要です。喪中はがき自体は貰った側は事情を直ぐに察する事が出来ますが、最低限のマナーを守った内容にするようにします。悲しみの中でなかなか気持ちの整理が出来ない場合であっても、ポイントを抑えておく事が大切です。

喪中はがきの印刷のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です