お歳暮は日本にある風習の1つであり、年末に贈るのがマナーです。贈り物にも相手が喜ぶ物であり、日持ちする物を選ぶのが基本になります。1年お世話になりましたという気持ちと共に、来年もよろしくお願いしますという気持ちも込めます。贈る場合は本来であれば、自宅に訪問するなどして相手に直接渡すのが基本です。

ただし年末という忙しい時期になるため、訪問自体が難しい事もあります。また相手が遠方に生活している人であれば、直接訪問して贈るという事自体が難し事も多いです。その場合は直接渡す方法以外として、宅配を利用する方法もあります。ただし宅配を利用してお歳暮を贈る場合は、事前に抑えておくべきポイントがいくつかあります。

まずお歳暮の贈る時期は多くの人が利用するので、宅配自体がとても多くなる時期です。手配しようとしても相手が希望する日時などに宅配が難しいという状況になる可能性もあるので、余裕をもって手配をする事が大切です。お歳暮自体の商品は早い時期から販売が始まるので、余裕を持って手配を行う事で時期を守って贈る事ができます。もちろん相手にいきなり贈るのは失礼になるので、事前に知らせておくというのもマナーとして大切です。

相手が不在で受け取りが出来ないと言った場合は、相手側にとっても失礼になります。事前にお歳暮を贈る事を伝えて、到着する日時なども良い時期があるのであれば事前に確認しておくと良いです。同時に電話でお礼を伝える事もできます。お歳暮のことならこちら