喪中はがきを印刷する時期はいつが良いか

喪中はがきは11月から12月前半に出すのがマナーです。送る相手は、昨年年賀状を出した人や会社関係となります。ただし会社の場合は、個人的にあまり接点がないなら送らなくてもかまいません。また親戚には省略する人が増えています。

喪中はがきの印刷は、できれば11月より前に済ませておくと良いです。印刷会社によっては翌日納品というスピーディな業者もありますが、できれば時間には余裕を持つようにします。喪中はがきには様々なテンプレートが用意されているので、文面で悩むことはありません。亡くなった人と死亡した月日、さらに相手への日頃の感謝の気持ちなどを簡潔に伝えます。

はがきを出す人から見た場合の故人の続柄も書き添えるのがマナーです。妻の父が死亡した場合で、夫の名前ではがきを出すなら続柄は義父になります。亡くなった月日では、何月かだけ書き記し日にちは省略することも多いです。満何歳で亡くなったと書くこともありますが、享年で書くなら数え年で計算します。

喪中はがきでは時候の挨拶は不要です。書き出しに、新年の挨拶を控えさせていただくことを伝えます。文字は筆文字のような日本風が好評です。鮮やかなデザインよりも、質素な白黒が好まれます。

インターネット上で印刷の出来上がり具合を見ることも可能です。その時点で細かい修正があればお願いして、本注文になります。30枚で1200円程度からあり、各種割り引きなども用意されていて便利です。喪中はがきの印刷のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です