シニア向け賃貸住宅が見逃せない

儲かるお店にするには賃貸料金も大事な事です

私の所有する賃貸店舗物件は消費税を取っていません。消費税5%のままでしばらく行こうと思っていましたが、借り手のテナントさんに変化がありました。毎月賃貸料を払わなかったり2ヶ月ほど滞っていたのが毎月ちゃんと支払われるようになってきたんです。5%から3%増えて8%になっているのですから3%は安くした計算になり、この値下げの効果もあってか料金が安いままの設定で営業を行えるのかお客さんが増えて来ました。

価格表も消費税5%当時のそのままで触っていません。ウチが出すのですから問題ないですし、お客さんが増えると言う事は良い事で、実際高く設定してお客さんの数が減ってくると何にせよ在庫がたまったり腕が落ちると言う事もありますので良い事はないんです。それで当分はこのままで行こうと思っています。税金対策はちゃんとしており問題はありませんので後は家主側と賃貸している側の問題で来てくれるお客さんに迷惑をかけないように配慮する、一生懸命やる。

それで商売が成り立っているのですからお金の事より先ずはお客さん優先として頑張りたいと思っています。お客さんが来てくれなかったら上手く廻らないのです。第一この辺りで価格を一番安く設定しているので来るには来るんですが、なにせ競争が激しい。その中を営業していくのですから。

理髪店の人も8%なら据え置きです、10%になると考えますがとか別の業態でお客さんの出入りをみて8%にできないですよ。と価格据え置き宣言をしている所もあります。さあ消費税10%はどんな世界になっているのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です