シニア向け賃貸住宅が見逃せない

アパート経営で賃貸収入を得るにあたり存在するリスク

資産として土地を持っている人は、それを活用しないと利益を得ることができず税金を支払うだけ損失を出すことになります。低金利の時代、そのような遊休資産も活用して利益を出すことが大切になります。土地の場合には、最近流行っているのが、土地の上にアパート等を建設してアパート経営をするという資産運用です。アパートを建設するために費用がかかりますが、その支払いをアパート経営によって得られる賃貸収入を充てて、建設費用を全て支払った後の賃貸収入は全て自分の利益になります。

利益が実現するためには返済期間だけ待つことになりますが、黙って土地を持っているよりも利益を生み出す可能性が高いです。その際も事前にアパート経営に関する計画を立てて得られる賃貸収入と建設費用の収支から何年後から利益をいくら稼ぐことができるか計算しますが、実際に運用し始めた際にはリスクが生じる可能性もあるために、そのリスクも予め担保しておく必要があります。その要因として一番大きいのが賃貸物件に入居する人がいないケースで、この場合には収入を得ることができないために収支計画が崩れることになります。そのような場合には、空室でもある程度の金額をカバーしてくれるシステムを持っている業者も多いことから、そのような業者にアパートの建設から管理まで一括して任せることが得策になります。

ただし、一度建設した後の周囲の環境の変化については予想がつかないことから、より交通の便の良い地域が開発され住居が建設される可能性もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です