シニア向け賃貸住宅が見逃せない

賃貸を借りる時の保証人

賃貸物件を借りる場合にでも、連帯保証人が必要になります。なぜ必要になるのかというと、家賃が支払えなくなってしまった時に、貸主が困るようになるからです。ですので、誰かに連帯保証人になってもらってから賃貸を借りるようにしなくてはなりません。一番いいのは、身内に保証人になってもらう事です。

例えば、親や兄弟など、一番近い家族にお願いしてみるようにするといいでしょう。しかし家族がいないような人の場合には、知人や友人にお願いするようにしなくてはなりません。友人に保証人になってもらうのであれば友人に引き受けてもらわなくてはなりませんが、保証人となると相当な信頼関係がないと、引き受けてもらうのは難しくなるでしょう。ですので、普段から良好な友人関係を築いておかなくてはならないのです。

保証人の役割としては、万が一借主が家賃の支払いが出来なくなってしまった時には、その保証人が支払いをしなくてはならなくなってしまいます。家賃というのは一か月分だけでも数万円という大金になりますので、絶対に保証人の人に迷惑がかからないようにしなくてはなりません。保証人に迷惑をかけてしまうようなことになると、その後の関係に悪影響が出てしまうようになりますので、支払が出来なくなってしまう事のないようにしなくてはならないのです。賃貸を借りる時には無理のない範囲で借りるようにすることが、保証人に迷惑をかけない一番のポイントになってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です