シニア向け賃貸住宅が見逃せない

同じ賃貸物件でも情報が異なるケースも

最近では、インターネットを利用して賃貸情報をチェックすることができます。いつでもどこでも情報を集めることができますので非常に便利ですが、同じ賃貸物件でも条件が異なるケースもあります。その最も大きなものが家賃です。家賃が異なるとなると、借り手にとっては大きな問題です。

その中で一番安い家賃で情報を出しているところに依頼したいと考えるのが普通です。なぜこのような事態が起こるのかというと、大家さんからの情報の伝わり方に原因があります。大家さんが1つめの不動産屋に伝え、そこから複数の不動産屋に伝えられるとします。そうすると、後から伝えられた法は対応が遅れてしまったり、うまく伝わらなくて対応できない可能性もあります。

また、大家さん側が複数の不動産屋と直接やり取りを行っていて、特定の不動産屋だけに特別な情報を提供しているというケースもあります。その場合は、いくら待っても他の不動産屋では同じ条件になりません。最近では賃貸情報を簡単に入手することができますので、比較も容易です。そのため、条件に差があるとすぐに分かります。

目をつけている賃貸物件が、利用している不動産屋で提示されているものよりも良い条件で載っている場合には、必ず営業の人に確認をとることが大切です。確認をしてみたら、提示されている条件が間違っていたということもあり得ます。また、確認をすることにより、条件を同じようにしてくれることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です