シニア向け賃貸住宅が見逃せない

賃貸探しは古くからある不動産屋にも足を運んで

最近では、多くの賃貸情報をインターネット上でチェックすることができます。不動産屋同士も情報を共有していることが多いので、どこのお店に行っても得られる情報はほぼ同じという状況です。ただし、中には昔からのつながりがある不動産屋にしか頼まないというオーナーさんもいますので、全ての情報が同じというわけではありません。そのため、チェーン店を持つような比較的新しいお店ばかりでなく、昔からある不動産屋にも足を運んでみることが大切です。

その地域で長く不動産屋を営んでいる場合、同じオーナーさんの物件をずっと手掛けているというケースがあります。賃貸情報の中には優良物件に分類されるものがありますが、その物件に該当する可能性もありますので一度顔を出しておく必要があります。また、掘り出し物物件と呼ばれるものはかなりの確率ですぐに借り手が決まってしまいますが、地元密着型の古くからある不動産屋では人の出入りが激しくないために少しの期間残っている可能性もあります。多くの場合は、良い賃貸情報が出たらインターネット等を介してすぐに決まってしまいますが、利用者が限られている場合にはチャンスがあります。

比較的新しいタイプで情報量の多い不動産屋、情報量は多くはないが昔から地元に密着した経営をしている不動産屋のどちらにもメリットがあります。どちらか一方に絞ってしまうのではなく、両方を上手く活用しながら探すことで理想の物件探しを行うことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です